FC2ブログ

印西市吉高三角作古墳群(その5)

yositakabunpuzu.jpg
最後に分布域一番北の部分を見ます。吉高古墳群としては第3~4支群に含まれるほか、ここも十三仏古墳群という括りにも含まれてます。

林道と坂の合流点から100m程北上すると左手道路沿いにやや高いマウンドが見えて来ます。三角作2号墳です。
yositaka8se.jpg
年中笹に覆われていて写真には撮りにくいのですが、肉眼ではハッキリ墳丘が見えて来ます。

北東より見てます。直径16m、高さ5mの円墳とされますが、林道以外の場所との比高差は約2mです。
yositaka8ne.jpg
未調査ですが埴輪片が採集されてます。

かつては墳頂に何か祀られていたのか、北側に生えてる杉2本の間に向かって墳丘が削られて上り口になってた様に見えます。
yositaka8n.jpg

そのすぐ北に三角作1号墳が在りますが、林道からやや離れて南側からだと殆ど見えず通り過ぎる辺りでようやく倒木などの奥に墳丘が見えて来ます。
yositaka7ne.jpg

北より見てます。直径10m、高さ2.5mの円墳です。
yositaka7n.jpg
手前の虫みたいな気持ち悪い倒木は何年も放置されてて撮影の邪魔なのですが地主の方も入って来てはいないみたいです。

2つ上の画像の様に林道から見ると墳丘上には石碑か何かが立ってる様に見えたので、ぐるっと回って西面から上がって見たのですが、狭いやや平坦になった墳頂には何かを祀った痕跡すら見られませんでした。
yositaka7top.jpg
この2基は吉高古墳群では第4支群に含まれ、1号墳には7、2号墳には8の番号が振られてます。

そこから50mちょっと北へ進むと右手に林道で削られてるマウンドが在ります。分布図上では羽黒1・2号墳が並ぶ場所で吉高古墳群では5・6の番号を振って第3支群に含まれますが、石棺が出てた2号墳は平成のはじめの確認調査で見つからなかったとの事で、羽黒1号墳だと思われます。
yositaka5.jpg
周囲より2m程高いマウンドですが、恐らく元は電柱の左に墳丘が続いていて径10m以上は有ったものと思われます。羽黒1号墳は径12m、高さ2mの規模とされます。

そのすぐ北の変則五差路には祠と石祠が並んだ場所が在って道が円形に避けていて古墳の址かもしれない雰囲気を醸し出してます。訪問時は何故か交機の白バイとツーリング中の自転車しかいなかったので誰にも詳しくお聞き出来ませんでした・・・。
yositakahumei.jpg
この北東には宗像神社横を通って国道464号線(宗吾街道)へと下る坂になっていて、その東側に家老地1・2号墳が在りましたが大きく台地が削られていて、地形ごと消滅した様です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR