FC2ブログ

高崎市綿貫普賢寺裏古墳再訪

不動山古墳と共に、北側に並んでいる普賢寺裏古墳も立ち寄りました。お寺にお願いして駐車場をちょっとお借りして、墳丘をグルグル見学させて頂けました。

前回は前方部しか見えなかった南側より全景を見てます。肉眼で見る分にはこの様に歪んでは見えず、綺麗な墳形を保っているのが見て取れます。
watanukihugenjiuras.jpg

南東より見てます。以前は後円部南面が下草が無くて上がり口みたいになってたのですが、今は墳頂へと続く草刈りされた場所は無くなってました。
watanukihugenjiurase.jpg

後円部東側の周溝跡の微低地を見てます。奥の太陽光パネルを載せた民家は岩鼻村20号墳の址です。
watanukihugenjiurashuko.jpg

許可を頂き墳丘上へ上がらせて頂いて、前方部より後円部を見てます。
watanukihugenjiuraftor.jpg

後円部で180度振り返って前方部を見てます。
watanukihugenjiurartof.jpg

再度振り返って後円部墳頂の様子です。伐採前よりも下草は増えて引っ付き虫もいっぱい生えてました。
watanukihugenjiurartop.jpg

北側にも回ってみました。前回は岩鼻村20号墳址越しに見たのですが今は民家が建って見えなくなってしまいました。西隣のお宅にお声がけしたのですがお留守で、去り際に一枚だけ撮らせて頂きましたが、冬場でも手前の植樹が邪魔で写真だと良くは見えませんでした。
watanukihugenjiurane.jpg

ちなみにお寺で境内に見られる二つのマウンドについてもお伺いしましたが、残ってる古墳としては裏古墳とこの堀米内1547所在古墳しか伝えられてはいないそうです。
1547nw2.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR