FC2ブログ

神崎町馬場古墳

馬場古墳はJR成田線下総神崎駅の西南西およそ2km、成田市との境も近い線路北側の台地上に在る奈良~平安時代の小松宿低地遺跡の南西端に在り、同遺跡内には小松2~5号墳が分布しています。篠塚神社古墳とも呼ばれます。

北西より見てます。現在墳丘周囲の樹木は枝が落とされ、幹も切られて視界が開けてるのですが、隣接する民家が丸見えになってしまったので、整備前の画像です。
sinodukababan.jpg
神社は1677年の創建で、現在の社殿は大正中期の火事の後の再建です。

西より見てます。直径約20m、高さ約2.5mの円墳で、社殿の為に西~北面が大きく削られてます。横穴式石室を持つなら通常手前の木の下かやや右手の南面だと思うのですが痕跡も有りません。恐らく削られた中心部に石棺が有ったのだと思います。
sinodukababaw.jpg
裏にお住まいの方にお聞きしましたが、遺物等は何も聞いた事が無いそうです。

小松2~5号墳は集落内の私有地内などで、見られる範囲では1基も確認出来ませんでした。内3基は石棺が出てて石枕や立花、滑石製鏡や勾玉などが出土しており、5~6世紀の築造と推定されてます。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あんけん

Author:あんけん
多趣味で統一性のないアラフィフです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR